FC2ブログ

炎症値さらに悪化

退院(2013年11月)後、外来・通算76回目
◆2018年11月8日の外来診療

 X線検査…影の状態は変わらず。
 血液検査…炎症値(CRP)さらに上がって7.42(3日前の6.83から)。
 器質化肺炎はちょっとした風邪でも悪化しやすいので、十分注意して下さいとのこと。

◆呼吸器内科 ¥3,070(3割の自己負担分)
 薬は前々回で出ているので今日はなし。
スポンサーサイト



感染症か? 肺炎悪化か?

退院(2013年11月)後、外来・通算75回目
◆2018年11月5日の外来診療
 昨日から微熱37.3度あり。
 血液検査…炎症値(CRP)が6.83と相当に異常。0〜0.14が正常範囲。
 感染症か? 肺炎悪化か? とりあえす点滴となる。

◆呼吸器内科 ¥4,010(3割の自己負担分)
◆内服薬(5日分)調剤薬局にて ¥1,170(3割の自己負担分)
 ステロイド薬と抗生物質グレースビット

風邪か? 増悪か?


退院(2013年11月)後、外来・通算74回目
◆2018年10月22日の外来診療

 X線検査…影が増えている。
 血液検査…炎症地が高い。風邪か増悪かは不明なので、様子を見て、次回の診療を2週間後と早める。パルスオキシメーターは99%。

◆呼吸器内科 ¥3,570(3割の自己負担分)
◆内服薬(5週間分だがステロイド薬は2週分)
 調剤薬局にて¥11,040(3割の自己負担分)

(ステロイド)プレドニゾロン錠 20mg/日(前月と同じ)
 但し、抗酸菌症の薬を服用しているので、効果は半分となり実質10mgという計算。
(免疫抑制薬)タクロリムス 0.5mg/日→ステロイドの一部代わりに
(胃薬)ネキシウム・カプセル 10mg/日
(細菌感染予防)ダイフェン配合錠 0.5錠/日

<非結核性抗酸菌症の治療のために>
(抗酸菌症薬)リファジンカプセル 450mg/日
(細菌感染予防)クラシッド錠 600mg/日

<足の痺れの治療>
(ビタミンB12の補給)メチコバール錠 1.5mg/日

爪水虫の治療中


退院(2013年11月)後、外来・通算73回目
◆2018年8月30日の外来診療
 今回は皮膚科(2回目)
 右手親指は爪が生え変わってきれいに治った。
 両足の指の爪はまだまだ。

◆皮膚科 ¥420(3割の自己負担分)
◆液体塗布薬 調剤薬局にて ¥3,810(3割の自己負担分)
 クレナフィン4mlが2本
 けっこう高価な薬だが、爪の中にまで薬分が浸透する。

オキシメーター99%

退院(2013年11月)後、外来・通算72回目
◆2018年8月下旬の外来診療(前回から1カ月)

 X線検査…前月上がっていたCRP(炎症反応)が下がった。
 血液検査…前月と変化なし。

 指先で計るパルスオキシメーターの値が99%だった。動脈血の酸素飽和度を計測するもの。初めてだ。だいたい97ぐらいしかいかない。入院してた時は94の時もあった。あんまりいいことがないだけに、ちょっとしたことだが、うれしくなった。
 それにしても、なかなか治らないなあ。もう5年だよ。

◆呼吸器内科 ¥3,570(3割の自己負担分)
◆内服薬(8週間分)調剤薬局にて ¥17,720(3割の自己負担分)
 8週間分なので金額がいつもの倍近い。薬代もユーウツの種だな。

(ステロイド)プレドニゾロン錠 20mg/日(前月と同じ)
 但し、抗酸菌症の薬を服用しているので、効果は半分となり実質10mgという計算。
(免疫抑制薬)タクロリムス 0.5mg/日→ステロイドの一部代わりに
(胃薬)ネキシウム・カプセル 10mg/日
(細菌感染予防)ダイフェン配合錠 0.5錠/日

<非結核性抗酸菌症の治療のために>
(抗酸菌症薬)リファジンカプセル 450mg/日
(細菌感染予防)クラシッド錠 600mg/日

<足の痺れの治療>
(ビタミンB12の補給)メチコバール錠 1.5mg/日
にほんブログ村 病気ブログ 肺炎・間質性肺炎へ
にほんブログ村