2017年01月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外来50回記念

退院(2013年11月)後、外来・通算「50」回目

◆2017年1月上旬の外来診療

 今回は夏以来のCTあり。
 CT撮影…8月に撮ったものと比べて、大きな影(炎症)は消えている。感染症による影は消えている。
 X線検査…特に変化なし。
 血液検査…
 CRP(炎症反応:正常値は0.3H以下)前月0.39H→0.11Hに下がる。いい感じ。
 WBC(白血球数=感染症など:正常値は9.0以下)前月15.8Hとこの数カ月最も悪かったが→今月10.6Hに下がった。
 担当医の診察…前月ステロイドを18mgに減量した。今回はそのままの量で慎重にする。そうだ。

 病院までは車で30分くらいで着く。血液検査、CT、X線などの検査は待ち時間も入れて45分くらい。予約制ではあるが、その通りにはいかず2時間以上待って、担当医の診察が10分前後。会計の計算待ちが40分くらい。病院を出てから、調剤薬局へ。
 結局、家を出て帰るまで5時間以上かかるなあ。

【費用】合計 17,910円。
 外来50回記念割引もなく逆にCTがバカ高であり悲惨な結果 ╮(╯_╰)╭

◆呼吸器内科 ¥3,400(3割の自己負担分)
◆放射線科  ¥4,410(3割の自己負担分)
◆内服薬(4週間分)調剤薬局にて ¥10,100(3割の自己負担分)

(ステロイド)プレドニゾロン錠 18mg/日(前回と変わらず)
 但し、抗酸菌症の薬を服用しているので、効果は半分となり実質9mgという計算。
(免疫抑制薬)タクロリムス 0.5mg/日→ステロイドの一部代わりに
(胃薬)ネキシウム・カプセル 10mg/日
(細菌感染予防)ダイフェン配合錠 0.5錠/日

<ステロイドの副作用である骨が弱くなるので>
(骨粗鬆症の予防)リカルボン 50mg/4週に1度

<非結核性抗酸菌症の治療のために>
(抗酸菌症薬)リファジンカプセル 450mg/日
(細菌感染予防)クラシッド錠 600mg/日

◆最近の副作用…あいかわらずだ
・足のしびれ。
・まぶたが下がって眼瞼下垂(がんけんかすい)。
・ノンレム睡眠(熟睡)がなく、いつも夢を見ている浅い睡眠が続く。
・目の結膜浮腫。寝不足でよくあくびが出るが、同時に涙もでて、目が溺れるような状態で前が見えなくなる。

にほんブログ村 病気ブログ 肺炎・間質性肺炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。