FC2ブログ

2017年10月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりぶりのステロイド減量

退院(2013年11月)後、外来・通算60回目
◆2017年10月中旬の外来診療
 前回から8週間後。通院が6月から毎月じゃなく約2カ月おきになった。

 X線検査…変化なし。炎症はあるが、拡大していない。新たな箇所に炎症なしということ。

 血液検査…CRP(炎症反応:正常値は0.3H以下)今回0.27に下がる。5月からずっと数値が高かったので、ひと安心。

 担当医の診察…症状が安定しているので、ステロイドを減量することになった。15mgから14mgというわずかであるが、これまで4度も減量失敗なので慎重に。もう4年間もステロイド服用というのは、よくないよなあ。肺炎での自覚症状はないので、ステロイドの副作用が心配である。

 前回から担当医の診療までの待ち時間が短くなった。以前は3時間が普通だったが、今回も1時間半くらい。
 次回の外来も8週間後となった。次はもう年末、12月だ。もう4年間も治療中。この病気はこんなもんなのかな。

◆呼吸器内科 ¥3,480(3割の自己負担分)

◆内服薬(8週間分)調剤薬局にて ¥19,930(3割の自己負担分)
 ひと月あたり1万円か。大きな負担だ。こうゆうのが当たり前になったら、いかん。

(ステロイド)プレドニゾロン錠 14mg/日(5月以来の減量)
 但し、抗酸菌症の薬を服用しているので、効果は半分となり実質7mgという計算。
(免疫抑制薬)タクロリムス 0.5mg/日→ステロイドの一部代わりに
(胃薬)ネキシウム・カプセル 10mg/日
(細菌感染予防)ダイフェン配合錠 0.5錠/日

<非結核性抗酸菌症の治療のために>
(抗酸菌症薬)リファジンカプセル 450mg/日
(細菌感染予防)クラシッド錠 600mg/日

<足の痺れの治療>
(ビタミンB12の補給)メチコバール錠 1.5mg/日

◆最近の副作用…相変わらずである。まぶたの腫れ(眼瞼下垂)。目の結膜浮腫。足のしびれ。
 副作用かどうか↓
 おしりの痒みが続く。ムヒS使用中。夏が過ぎて汗をかかなくなったら、症状が軽くなった。アセモか?
 爪水虫も市販薬を塗っている。ちょっとは良くなったかも、という程度。
 この頃、左目の視力が大きく落ちてきた。左右のアンバランスがひどい。
にほんブログ村 病気ブログ 肺炎・間質性肺炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。